売れ筋のアイピル

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

性交後に飲み込む避妊薬

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

こちらが21年の頃、県内外で独り暮らしを通していました。そのときに出会った旦那はまだ付き合って月額というお日様が浅かったのですが、家ライフスタイルの旦那は私の我が家にそれほど娯楽に来ていました。

 

こんな旦那と初めての深夜を迎えたときのところ、旦那は一概に避妊としてコンドームをつけてくれていたのですが、付け方が悪かったのか、事が終わってからゴムが破れていたことに気づきました。

 

それを聞いて私の中では焦燥しかありませんでした。

 

2つ年上の旦那は「きちんと責任をとるから」と言ってくれていましたが、こちらは依然として旦那を嫁入りのわけとして見ることができませんでしたし、21年という若さで嫁入りと言われても実感がなかった結果「赤ん坊ができたらそれはそんな幸せだったのだ」なんて楽観的な印象はできませんでした。

 

インターネットで調べてみると、性交後に飲み込む避妊薬としてアイピルというものがあることを初めて知りました。

 

その時メンス不順で約4ヶ月ほどメンスが来ていない始末だった結果、万が一妊娠してしまったとしても裁断が難しいと願いもっと不安だったこちらは翌日アッという間に産婦人科に足を運びました。

 

診断を通してもらい、アイピルを処方してもらいました。また同時にメンス不順のお願いをしました。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルは保険がきかないとして約3万円ほどかかりました。非常に痛い出費でしたが、このまま子どもができてもいけないので自腹で購入しました。

 

そしたらアイピルを服用し、2お日様後にはメンスが来ました。避妊できたというリライアビリティもありますが、どんどんメンスが来ていなかったので何とかメンスが来たというリライアビリティもありました。

 

ロマンスがいれば無論体の関係まで発展することは鳥獣として自然ためはあります。但しそれには故障もつきものであるということをはじめて痛感しました。

 

おめでたを望まないのであれば一概に避妊を行うことが至って大切ですし、万が一のことがあっても早急に対処することが大切だということを覚えました。

 

アイピルトップへ